素敵な人に、会いにいってみました

素敵な人に、会いにいってみました 下田編集長× 松本謙社長 #01

「あの人に会いたい!直接お話を聞きたい!」
TANOKURA100人展やフリーマガジンTANOKURAを運営するSeedersの下田編集長が、いま会いたいと思う人に話を聞きに行きました。

今回お会いしたのは、株式会社ファーマーズ・フォレストの松本謙社長。人と人とを繋ぎ、地域の魅力を広く伝える事業に取り組まれていて、TANOKURA100人展の会場・ろまんちっく村の運営もされています。

▼素敵な人に、会いにいってみました
TANOKURA × ファーマーズ・フォレスト 松本謙社長
#01 人々が変わるとき
#02 100人展とこれから先の未来

◆株式会社 ファーマーズ・フォレスト
https://www.farmersforest.co.jp/

素敵な人に、会いにいってみました 下田編集長× Jolie Holicさん #01TANOKURA編集長が素敵な人とお会いする企画、今回はJolie Holicさんとの対談です。Jolie Holicさんのパーツのへのこだわりや、イベントへの考え方についてお話しました。...

人々が変わるとき

編集長:新型コロナの流行で、世の中が変わってしまいましたよね。なかなかイベントが開催できなくなってしまった今、100人展やろまんちっく村の今までとこれからについてお話ができればと思って、松本社長に声をかけさせていただきました。この1年は楽しみを自粛しないといけない、という感じでしたよね。

松本社長:Seedersもそうだと思うけれど、当社の役割というのは人と人を結んだり繋いだり、交流の場を作ることなんですよね。それが今、人が集まることを否定されて、課題を提起された感じがします。自分たちのビジネスモデルを変えていかなければというのは、以前から思っていたことではありました。けれども今回のことは、一瞬にして人の価値観を変えて、僕たちが持っていなきゃいけなかった、このままではいけないという危機感を呼び覚ましてくれました。

編集長:良い方向へ変わり続けなければいけないという思いは、ずっと持っていますね。

松本社長:必ず世の中は変化するので、常にマンネリではいけないし、やり方は変えていかなければいけない。ファーマーズ・フォレストは、通販をするにも単なる通販ではなくて、もっと違う売り方があるのではないかと考えます。イベントのやり方も同様ですね。これまで変わらなきゃいけないなと思って漠然と思い描いていた、5年後の自分に今すぐなりなさいと言われたような気がしました。

編集長:経営者に限っていうと、今まで会社としてやってきたことは全て過去のことで、今もう一度新たに創業するような感覚があります。

松本社長:本当にそうですね。経営支援をする身としては、過去の成功体験に依存してはいけないということを自分でもよく言っていました。その反面で、自分にはそれなりに成功体験があると思っていたところを、過去の成功は関係ないとはっきり言われた気がします。

松本社長:今回、痛烈に価値観の変化を感じますね。2020年の数カ月のなかで、外出自粛やリモートワークにより一気に人が動かなくなりました。それに伴って、どんどん人の考え方も変わっていくので、僕たちも価値の作り方を考えています。今までは運営しているいろいろな店舗を業務内容として押し出していたけれど、今は地域課題解決を大きく掲げています。当社は地域課題解決に関するあらゆる糸口を持っている、というような感じで。単純に道の駅を運営している会社というわけではなくて、それ以外の部分にも価値を作っていかなければいけないと思っています。

編集長:きっと今はチャンスでもありますよね。ファーマーズ・フォレストさんは、強みをたくさん持っていると思います。

松本社長:そうですね。地域課題解決は商品開発してものを売るだけではなくて、どうやってPRしていくかという問題もありますよね。そこに自分たちの勝機があると思っていて、オールジャンルの地域課題解決を担う存在になろうとしています。

編集長:イベント運営に関していえば、今まで掲げていた来場人数ではなくて、なにを価値と見てイベントを運営すればいいのかというのを何度も考えました。人々が喜ぶポイントも変わってしまったと思います。事業としてイベントを続けていっていいのか、それとも別のものがいいのかというのは考えますね。

松本社長:やっぱり、そこは考えますか?

編集長:そうですね。100人展ができないときには、オンラインマルシェもやりました。でも今までだったら、さらに受け皿となるイベントが年間何回も開催できていました。作るもののクオリティやサイトのアクセス数が安定していても、今はそのイベントの代替案を考えないといけないと思います。

松本社長:なるほど。僕らのビジネスモデルも、基本的に人に集まってもらって、そこで見て買って交流して体験する。バーチャルとリアルで言ったら、リアルの環境がものすごく大きな部分を占めています。だからこそリモートワークも難しいのだけれど、それはそれとして、今回のことでビジネスモデルを変えていくタイミングなのかなと思いました。

(つづきます)

素敵な人に、会いにいってみました 下田編集長× 松本謙社長 #02Seedersの下田編集長が、会いたいと思う人に話を聞きに行きました。今回お会いしたのは、株式会社ファーマーズ・フォレストの松本謙社長。地域の魅力を広く伝える事業に取り組まれていて、ろまんちっく村の運営もされています。...
あなたにオススメの記事