MAGAZINE

キャンプで向き合うひとり時間 ‐soro soro Solo‐

10月に発行されたフリーマガジンTANOKURAでは、ソロを楽しむ人たちを特集しました。今回はその中から、暮らしにこだわり、アウトドアブランド「koshirae」を立ち上げた「暮らしの予定」さんをご紹介します。

そろ…そろそろ始めてみませんか?

日常的な暮らしから、非日常を感じとる

自然の中に身をゆだね、食事のために火をおこす。眠るための場所を作る。
そして、空の移ろいを眺める。


キャンプは、時間の速度を自分で決めていい。


昼間から炎をながめることが、自分には大切です。
パチパチと薪がはぜる音、周りの虫の音に耳を傾ける。


そろそろ…おなかが空いたから食事の支度をしようか
そろそろ…眠くなったからテントに入ろうか

緩やかな感覚でいられることが、キャンプの醍醐味。

Kurashi no Yotei


@li_schedule

好きが高じてアウトドアブランド「koshirae」を立ち上げました。koshiraeは、創業から50年以上ワーキングウェアを作り続けているみつぎ被服のファクトリーブランド。海山川、それぞれの道具、いろいろなシーンで見つけた「あったらいいな」を原点に作ったプロダクトたちです。休みの前日、明日のことを考え始める夕方。眠れない夜、待ちきれない朝、30日ぶりの1日。だから…「いまは、明日のことだけかんがえる」。

ヨガで向き合うひとり時間 ‐soro soro Solo-10月に発行されたフリーマガジンTANOKURAでは、ソロを楽しむ人たちを特集しました。今回はその中から、ヨガスタジオとカフェ併設の「smile farm.shanti」をオープンされた、Mahoさんをご紹介します。...
あなたにオススメの記事