MAGAZINE

おうちでつくる世界の朝ごはんレシピ!vol.2 春巻きの皮でつくるブリト―

おうちで海外のごはんを楽しみたい!旅気分を味わいたい!

ということで、今回はメキシコのブリト―に挑戦。ブリト―は、もちもちとした薄めのパンのような生地で、具材を包んで食べるもの。今回は、とっても身近な春巻の皮を使ってブリト―をつくってみました!

春巻きの皮でつくるブリトー

材料(2人分)

豚ひき肉 150g
玉ねぎ 1/2個

A
塩 小さじ½
酒 大さじ1
ケチャップ 大さじ2
チリパウダー(カイエンペッパー) 適量
にんにくすりおろし 小さじ1
※クミン、コリアンダー、オレガノなどがあれば、少量使用すると風味がアップします

春巻きの皮 4枚
レタス 4~5枚
トマト 1個
お好みのチーズ 30g
お好みでサルサソース、スイートチリソースなど 適量

作り方

下準備
※玉ねぎは粗みじん切りにする
※レタス2、3枚は千切り、2枚はそのまま使用する
※トマトは大きめの角切りにする


①フライパンに油をひき、豚ひき肉 150g、みじん切りにした玉ねぎ 1/2個を炒める。火が通ったら、A(塩 小さじ½、酒 大さじ1、ケチャップ 大さじ2、チリパウダー 適量、にんにくすりおろし 小さじ1)を加え、水気が飛ぶまで炒める。


②春巻きの皮に、霧吹きで水を両面に噴きかけ、2枚合わせてラップをし、レンジで500wで10秒温める。残りの2枚も同様にあたためる。

春巻きの皮より大きめのクッキングシートまたはラップをまな板に敷き、温めた春巻きの皮2枚をのせる。



③春巻きの皮の上にレタスを1枚のせ、その上に①の肉・トマト・チーズ・レタスの千切りそれぞれ半量をのせる。


④最初にのせたレタスで具材を包み込むような気持ちで、シートと春巻きの皮を巻いていく。このとき、シートやラップを巻き込まないように気をつけて!


⑤丸めたら、両端をキャンディーのようにねじる。



⑥シートごとななめにカットして、完成!残り2枚の春巻きの皮も同様にして、具材をのせて巻いて切る。

お好みでサルサソース、スイートチリソースなどを添えて、いただきます!

野菜たっぷり、味つけしたお肉との相性もばっちりでおいしいごはんができました。お皿や手を汚さないで食べられるし、ピクニックにもっていくのも良さそうです!春巻きの皮なのに本当にブリト―のよう。具材はお好みで、サラダチキンや海老&アボカドなどでもおいしいですよ。

4月に発行したフリーマガジンTANOKURA vol.35では、世界の朝ごはんをご紹介しています!なかなか海外旅行に行きにくいこのごろ。せめてご飯で世界を旅しているような気分を味わってみませんか?思い出の、あの旅先のごはんもあるかもしれません!

見かけたらぜひ、お手にとってみてくださいね。

おうちでつくる世界の朝ごはんレシピ!vol.1 そうめんでつくれるフォー昨年の夏から余ってしまっているそうめん。たまには違うアレンジで食べてみたいなあ、ということで、ベトナムの定番朝ごはん、フォーにチャレンジ...
あなたにオススメの記事