暮らしを楽しむ

伴工務店と我が家をつくろう vol.1

家づくりってどんな風に進んでいくのでしょう?

今まさに家づくりの真っ最中のご家族に密着。
「我が家」についてどんな風に悩み、相談して、決めていったか…ご夫妻それぞれの想いを伺いました。

どこの建築会社で建てる?

マイホームをどこで建ててもらうか…いちばんと言っていいほどの大きなテーマですよね。
今回密着させていただいているK様のご主人がこう語ってくれました。

「家づくりについて考え始めた頃、フォトグラファー、アラタケンジさんのブログを読んでいました(「日刊住まい:フォトグラファー栃木に家を建てる」)。
それで、栃木にいい家づくりをする工務店があるのだな、とお願いすることになった伴工務店の存在は知っていたんですね。

住宅展示場を巡るなかでコンセプトが気に入って、ここで建ててもいいかなと思うハウスメーカーもあったのですが、念のため住宅展示場にはないような工務店も見てみる?と出かけたのが伴工務店の見学会でした。
すると、外壁、床、内壁も自然素材でつくられた家は、今まで見てきたモデルハウスと肌で感じる何かが全く違ったのです。
それまで進めていた家づくりの根本が覆ってしまった感じでした。」

ここで建てよう!と選んだ決め手は?

自然素材で作られた家に魅力を感じたK様。
そこから伴工務店で建てることに決めた理由は何だったのでしょう?

「今まで特に自然素材に強いこだわりを持っていたわけではないのですが、よい素材で丁寧につくられた家というのに、見学会で大変な魅力を感じたんですね。
そして、<素材>と同じくらい<人>も伴工務店に決める理由になりました。」

取材時もほとんどしゃべらない伴さんに、どうしてそんなに魅力を感じたのでしょう?
ご主人はこう教えてくれました。

「伴さんは、良くも悪くも営業トークがないんです。
見学会に行っているのに近づいても来ない(笑)。
でもそれを乗り越えてお話するようになると、嘘がないから信頼できるんです。
誰でもいいから建ててくれたらいい、というのではなくて、信念を持って家づくりをする姿勢を貫いているんです。
一本気なところに惚れましたね。」

土地探しは難航!

伴工務店で建てることは決めたものの、土地がなかなか決まらなかったというKさんご夫妻。
土地が決まるまでの経緯も教えてもらいました。

「住みたいエリアは決まっていたものの、条件に合う土地がなかなか見つかりませんでした。
伴工務店で建てることを決めてから、3~4か所は伴さんと一緒に土地を見に行きました。
すると、その土地自体の良し悪しはもちろん、この土地ならこんな家が建ちそう、という話を伴さんがしてくれて、私たちも想像を膨らますことができたんです。
決めた土地を見に行ったとき、この土地なら平屋で…との伴さんの言葉に、それすごくいい!と夫婦で気持ちが高まり、やっと決めることができました。」

どんな家を建てられるかを考えながら土地を選ぶというのは、とても大切なことですね!

新居ではどんな暮らしを?

ヒアリングを元にした新居の基本設計を模型で見たときは、心躍ったという奥様。
どんな暮らしをイメージしたのでしょうか?

 

「軒が深くかかっている広い縁側を見たとき、子どもが喜んで走っている姿と共に、私と夫が腰かけているシーンが思い浮かんだんです。
夏の縁側で蚊取り線香を焚いて、夫婦で枝豆をつまみながらビールを飲む…そういう暮らし、とてもいいなって。
伴さんとお話するなかで、建てた最初がいちばんきれいな新建材とは違って、自然素材は時が経つほどに味わいが出てくる<経年美化>という考えにすごく惹かれるようになりました。」

K様の望む暮らしと、家の設計と、使う素材がぴったりと合って、家づくりがスタートしたんですね!
これから細部の設計やインテリア等の細かい打ち合わせが進んでいくそう。
今後の進捗も楽しみです。

伴工務店で家を建てるK様ご夫妻。
家が完成するまでを連載でお届けいたします。

次回もお楽しみに。

最新号のTANOKURA vol.25、P24.25でもこちらの取材の様子をご紹介しています。

冊子もぜひ手に取ってご覧くださいね!

**************************

伴工務店

栃木県宇都宮市飯田町481
TEL 028-648-7326
WEB http://www.ban-k.jp/

あなたにオススメの記事