「つくる」暮らしをシェアするキュレーションサイト

手づくり作家インタビュー

手づくり作家インタビュー
2017.08.21UP!

日常にさりげない装いを
身に着ける人を引き立てる
アクセサリーを作り続けたい

服飾のデザインからアクセサリーの制作に転身、2つのブランドを展開。future antiquesのブランド名で天然石・ビーズ・シルクコードなどを使ったアクセサリーを、yumi sumiyamaのブランド名でシルバーアクセサリーを制作。作品がananの表紙を飾った事も。

  • 1997年/future antiquesとして制作を始める

  • 2002年/結婚

  • 2014年/100人展初出展

  • 2016年/初個展開催(6月)

アクセサリー作家になるまで

洋服が好きで高校を卒業後服飾の専門学校に通い、デザイナーとしてアパレルメーカーに就職しましたが、深夜まで続く仕事、仕事内容のギャップもあり、仕事を辞めて実家に戻りました。しかし、装うもの身に着けるものを制作していきたい思いはあったので、手軽にできるビーズを使ったアクセサリー制作を始めたのが今の作家活動のきっかけです。

服飾メーカーで一通り流れを経験していたので、服飾雑貨メーカーさんに直接営業に行ったり、こだわりの雑貨屋さんとお取引をさせて頂いたりして、手軽に手に取ってもらえるアクセサリーを沢山制作し、お店の方に販売してもらうという仕事の仕方をしてきました。しかし私自身、直接お客様の声を聞きながらの販売にも憧れを持っていたので、ここ5~6年でマルシェなど手作り作家自らが販売出来る機会が増えたのもあり、2014年~100人展はじめ様々なイベントに出展するようになりました。

仕事と暮らしと環境

中学生・小学生の息子と、美容師の夫の4人で暮らしています。自宅の一室で制作していますが、危険な工具を使う彫金は別に制作部屋があります。制作は午前中の家事が終わって子どもたちが学校に行っている間と、夜家事が終わってから。繁忙期は深夜にまで及びます。
今思うと、子どもが小さい頃は毎日家の中で大騒ぎ、とても制作に打ち込める環境ではありませんでしたね(笑)。彫金はバーナー・糸鋸・金槌・リューターなど危険な工具を使うので、小さい子どものいる部屋では制作できず、まして目が届かない別室で制作することもできないので、リビングの卓上でできる天然石・ビーズ・テグス・コード等を使った創作アクセサリーを作っていました。ここ数年イベントに出展するようになりましたが、主人は土日仕事なので、子供を預かってくれるのは実母と義母。毎回本当に感謝しています。

作品についての想い

今までの経緯から、ブランドが2つあります。
“future antiques”は、アンティークカラーのビーズ・天然石・パールを使い、永く使って頂けるデザイン、身に着けた人を引き立てる創作アクセサリーのブランド。“yumi sumiyama”は、主にシルバーを用い、石・ガラス・樹脂・七宝等と組み合わせ、ナチュラル、シンプル、ミニマムなデザインの繊細なアクセサリーのブランドです。

ブランド名“future antiques(未来に残るアンティーク)”は、誰かの元で自分の作品がいつかアンティークになるまで大切にしてもらえたら…という想いを込めて名づけました。どちらのブランドも、身に着ける人を引き立て、美しく見せるような繊細なアクセサリーであることを大切にしています。実際に手に取って身に着けていただき、日常にさりげなく装いを取り入れていただけたら嬉しいです。

今後のこと

最近の一番の出逢いは“アートクレイ”(純銀粘土)という素材に再度出会った事です。結婚前に東京の彫金教室に通っていた頃は、純銀粘土で指輪を作るのが安易な感じで好きになれなかったのですが、2013年に再度アートクレイにふれる機会があり、凄く進化していて感動を覚えました。彫金より気楽に複雑で繊細な模様を作れて、たくさんの異素材とも組み合わせることもできたのです。私のやりたかったことが集約されていて、制作に幅がでました。2015年には純銀粘土技能認定を取得し、人に教える事も出来るので、いずれ何処かで教室を開けたら…と思っています。
 
これからも引き続き年1回の個展、希望するイベント、都内の百貨店などで展示販売できるように頑張っていきたいです。皆様に手に取って知って頂く機会が増えますように…。

future antiques/yumi sumiyamaさん

参加マルシェ・イベント情報

  • ・あおぞらクラフトいち
    【開催日】 2017年9月16日(土)、17日(日)
    【開催時間】 10:00〜17:00
    【場所】 水戸芸術館広場
    Facebook:あおぞらクラフトいち
     
     
    ・あ、もみじずき
    【開催日】 2017年10月7日(土)
    【開催時間】 10:00〜17:00
    【場所】 もみじ通りとあずき坂
    Facebook:あ、もみじずき
     
     
    ・Bon Marche100人展vol.15
    【開催日】 2017年10月29日(日)
    【開催時間】 10:00〜16:00
    【場所】 道の駅うつのみや ろまんちっく村
    URL:http://tano-kura.net/bonmarche100_info/
     
     
    ・秋の益子陶器市
    【開催日】 2017年11月2日(木)〜5日(日)
    ※陶器市の開催日は6日(月)までですが、future antiquesさんのご出展は5日(日)までとなります。
    【開催時間】 9:00〜17:00
    【場所】 「gallery陶のね」付近
    URL:http://katachiproject.web.fc2.com/
     
     
    ・TAKANEZAWA ROCKSIDE MARKET
    【開催日】 2017年11月26日(日)
    【開催時間】 9:00〜16:00
    【場所】 高根沢町宝積寺駅
    Facebook:TAKANEZAWA ROCKSIDE MARKET


委託先店舗

  • ・Shop&Gallery Rhum(ルーム)
    〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町4-161
    https://www.r-uhm.com/
     
    ・Wear Note(ウェアノート)
    〒321-0968宇都宮市中今泉3-7-15 ark’s 1F
    http://wearnote.jp


TANOKURAレポーターの感想

future antiquesさんの作品は、どれも独特の空気をまとっていると感じます。ゴージャスな石が使われていても決して派手ではなく、静かだけれどとても存在感のあるアクセサリー。それは「身に着ける人を引き立てる」ことをコンセプトとし、素材や制作方法を吟味して作られているからなのでしょうね。インタビューを通じても伝わってきた「プロ意識」も、作品の完成度を高めている大きな要因なのでしょう。

ライター:tomoko