「つくる」暮らしをシェアするキュレーションサイト

あ・い・う・え・おじゃまします | 宇都宮part11

あ・い・う・え・おじゃまします | 宇都宮part11
2018.07.18UP!

日頃おせわになっている設置店へ
トンっ トンっ
『 おじゃまします。 』

 
こんにちは!TANOKURA編集部Gonnです。
 
今回おじゃましましたのは、「KENZO SUN」という宇都宮市清原台にあるご家族3人で切盛りされているカフェ。母娘でカフェを開こうと思いたちオープンした、長年愛され続けるお店をご紹介します。
 

小さな美術館のようなカフェ

宇都宮市清原台の古い団地のはずれにあるKENZO SUN。なんとオープンして20年が経つこちらのカフェ。

長年やっていることだけでなく、丁寧な振る舞いや食事の美味しさ、落ち着く店内にファンの方が多く、常にお客様で賑わっています。

玄関入って正面にはケーキやスコーンなどお菓子のショーケース。左手には作家さんの器や布小物などが販売されているスペースもあり、右手の1階と2階がカフェスペースとなっています。

アート作品が好きなことから、店内の所々に作品が飾られていました!
 
展示される作品は毎月変わるそうで、フリーペーパーTANOKURAで「のんびり自分時間」というコーナーを連載してくれている、栃木在住のイラストレーター アライマリヤさんの個展もこちらで開催されたそうです!

カフェとアート作品がひとつになると、より素敵な空間に見えますね。まるで小さな美術館に来た気分です。

実は私が大学生の頃、大学の助手さんに連れて来てもらったことのある思い出の場所。そんなことを伝えると”お客さまの中で、小学生のお子さんと食事に来て下さっていた方がいて、お子さまが大きくなって、彼女と来てくれたり、子どもをつれて来てくれたり、なんてこともありました”とオーナーの娘さんであるじゅんこさんがお話してくださいました。
 
親から子へ、子から未来へつないで戻ってきてくれるカフェ。ほんとに素敵ですよね。

おおきな器の"ミネストローネ"

こちらがKENZO SUNの「ミネストローネ」。おっきな器に入ったミネストローネは色んな野菜がたっぷり入っていて、キャベツもニンジンもとろっとろです。お食事セットにするとガーリックトースト、サラダ、ドリンクとデザートも付いて「1,200円(税込)」というのがびっくり。

この厚みのあるガーリックトースト!ふかふかサクサクしていて、ミネストローネとぴったり。

この時のデザートはバルサミコのチョコレートケーキ。ねっとりと濃厚で、バルサミコとチョコで甘酸っぱい味わいに。大人なおいしいケーキでした。

愛にあふれたお店

雑貨が販売されている奥は以前まで小さな図書館だったのですが、今は少し改装し、毎週火・水・金・土曜のお店がクローズしてから、じゅんこさん自ら教えてくれるヨガ教室を開いているのだそうです。こんな素敵な空間でやるのはほんとに気持ちが良さそうで、心も体もほぐされそう・・・。

そんな何もかもが素敵で愛にあふれているKENZO SUN。以前立ち寄った時は、平日とは思えないほど駐車場も店内も満席でした。改めておじゃましてみて、ファンになるのも分かるな〜と思いました。
 
ほんとうは秘密にしたい場所だけど、、清原方面に行く機会のあるときには、ぜひ立ち寄っていただきたいカフェです。

あ・い・う・え・おじゃまします

KENZO SUN

  • 住所:栃木県宇都宮市清原台4-1-7
    TEL:028-667-2278
    営業時間:11:00~18:30(L.O.18:00)
    定休日:木曜日、第1、3日曜日


TANOKURA冊子

  • TANOKURAは、下記のカフェやインテリアショップ等のお店にて無料でお手にとっていただけます。ぜひ、お近くの設置店へ足を運んでみてくださいね。
     
    TANOKURA設置店はこちらをクリック


TANOKURAレポーターの感想

大学生の頃と変らず、あの時の思い出がここにはありました。人からも愛され、アートで溢れた空間はより素敵なカフェに見えました。またいつか行きたいと思っていたKENZO SUN、本当は秘密にしたいけど・・ぜひみなさんにも足を運んでほしいお店です。

ライター:Gonn