「つくる」暮らしをシェアするキュレーションサイト

考琴先生のラッキーアドバイス vol.3

考琴先生のラッキーアドバイス vol.3
2018.12.03UP!

暮らしに風水を取り入れて
運を引きつける私になる!

こんにちは。TANOKURA編集部です。
「考琴先生のラッキーアドバイス」の第3回は年末の運気アップ方法。
心の持ち方、心がけひとつで、毎日は変わります。
 
そんな考琴先生のアドバイスをお届けしますね!

年末にするべき、開運アクション!

いよいよ12月。1年の締めくくりとして、「お歳暮の準備」「年賀状の準備」はもう済みましたか?
 
全てのご縁は「人の和」から運ばれてきます。つまりは幸せを運んできてくれるのは全て人を介してなんですね。
 
そこで1年の感謝を込めてお世話になった方に送るのが「お歳暮」。

年代にもよりますが、習い事をしている先生にさりげなく感謝の気持ちで手作りのスイーツなどをプレゼントしてもよいと思います。仰々しくなくてもよいんですよ!

年賀状も早めに準備!ちゃんと元旦につくように出すことで、より心がこもったものになると思います。12月25日くらいまでに投函できるよう、準備しましょうね。

来年の運気をスッキリした家で迎えましょう

気学で言う年の切り替えは実は2月4日なのですが、やはりお正月を迎える前におうちをきれいにすることは大切。
 

シンク周りやトイレの床磨き。溜まってしまったスーパーのゴミ袋なども必要な数だけとっておいて処分するのもおすすめです。

換気扇など特になかなかお掃除しない部分も、ぜひチャレンジしてくださいね。プロに頼むのも手ですよ!

挨拶だって実は風水!

何事も、出ることと入ることがあります。
出す、与える、を先にすることで、入ってくる。その基本をぜひ心にとめてくださいね。
挨拶もそう。自分から先に笑顔で挨拶をするとよいですね。苦手な人にも思い切って「おはようございます」などとお声がけすると、職場の雰囲気も和みます。とっても基本的なことですが、これも風水の開運方法なのですよ!

今月のまとめ

いかがでしたか?
 
12月の開運方法と言っても、本当に基本的なこと。でもその基本がなかなかできないものですよね。
毎日の暮らしの風通しをよくするために、人付き合いの基本、お掃除の基本を実践してはいかがでしょう!
 
 
 

 *********************
平野考琴 
徳名天學 姓名鑑定 風水 家相 講師

「名は体を表し、体は名を表す。
親が授けてくれた名前には課せられた運命が宿されています。
人は誰でもいつからでも良くなれます。
健康・愛情・金銭のバランスが整う人生に名前、風水、家相からより幸せに導きます。」

タノクラ編集部

今年あったいろんなことに感謝して、その心を伝える。おうちにも感謝してお掃除をする。清々しい新年を迎えられるように、12月を大切に過ごしましょう!