「つくる」暮らしをシェアするキュレーションサイト

考琴先生のラッキーアドバイス vol.11

考琴先生のラッキーアドバイス vol.11
2019.08.02UP!

暮らしに風水を取り入れて
運を引きつける私になる!

こんにちは。TANOKURA編集部です。

 

夏真っ盛りの8月!

夏休み期間中に帰省する方も多いのではないでしょうか?

今回は、まもなくやってくるお盆にできる開運法と疲れがたまった体を癒す入浴法を考琴先生に教えていただきました。

8月はお盆の季節

お盆とは、先祖の霊を祀る行事のこと。

地域によって日程は異なりますが、今年の一般的なお盆は8月13日から4日間とされています。

 

13日は迎え日といって、先祖をお守りしている家人がお墓に行きご先祖様を家に迎える日です。

14日・15日は、ご先祖様が家にいます。

16日は送り火といって、ご先祖様を送り出す日です。

 

お盆に帰省される方は、実家のお仏壇にいるご先祖様へ日頃の感謝を伝えてみてください。

家にお仏壇があり毎年お盆の準備をされている場合は、おうちのお仏壇にいつもされているように日頃の感謝を伝えてください。

開運とパワーアップすること間違いなしです。

この時期におすすめの入浴法を教えて!

暑い屋外と冷房の効いた室内の往復で、夏は特に体に疲れがたまりやすくなっています。

夏バテや冷えバテをしてしまった体を癒す、開運入浴法をご紹介します。

まず、体の芯が温まり心地よいと感じるくらいの温度のお湯を溜めた湯船に2~3分程度つかります。

そのあと体を洗い、また湯船に2~3分つかりましょう。

湯船につかる時間は、ご自身の体調に合わせて無理のないように調整してください。

その日の気分にあわせた入浴剤を湯船に入れるのもおすすめです。

さらに入浴中のリラックス効果を高める風水アイテムとして、お風呂場に植物を飾るのもおすすめです。

生の植物でもフェイクグリーンでも、どちらでも取り入れやすいほうで大丈夫です。

湯船につかり、植物をみながら疲れがたまった体をリラックスさせましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

今回は、知っておきたいお盆のことを教えていただきました。

また、夏は知らず知らずのうちに体に疲れがたまりやすい季節。

お風呂にゆっくり入ってリフレッシュ、疲れに負けない体を目指しましょう!

*********************
平野考琴
徳名天學 姓名鑑定 風水 家相 講師
「名は体を表し、体は名を表す。
親が授けてくれた名前には課せられた運命が宿されています。
人は誰でもいつからでも良くなれます。
健康・愛情・金銭のバランスが整う人生に名前、風水、家相からより幸せに導きます。」
【お問い合わせ先】
crystal-.garden.ryo_17@ezweb.ne.jp