「つくる」暮らしをシェアするキュレーションサイト

着物を楽しむ女子って素敵!

着物を楽しむ女子って素敵!
2019.03.29UP!

手頃なキモノを手に入れて
洋服感覚で楽しんでみませんか?

こんにちは!TANOKURAレポーターのyumiです。

今週、冊子TANOKURA23号を入稿し、ほっと一息の編集部ですが、
22号でご紹介した「着物であそぼう」の裏話などを少ししたいなと思います。

SNSで卒業式の写真もたくさんみかけましたが、
女の子の卒業の袴姿は最高にかわいいし、
お母さんの着物姿もやっぱり素敵だなーと思いました。

ちょっと興味を持った今こそ、
着物の世界をちょっと覗いてみませんか?

リサイクル着物のお店、きものHAUS

TANOKURA22号の撮影でお世話になったのは、宇都宮市にある「きものHAUS」。リサイクル着物を扱うお店です。

店内には色も柄も様々な着物がずらり。帯や帯締めなどのアイテムもたくさん揃っています。店主の荻原さんは、あちこちに買い付けに出向いては、確かな目利きで質の良いリサイクル着物を仕入れてきます。

たくさんの着物は全て正絹。(しょうけん。絹100%という意味です)
正絹なのに、ほとんどの着物が5400円以下!ほんとうにびっくりしてしまいます。

帯や帯締めもこんなにたくさん!!着物はこういう小物の組み合わせでイメージがガラリと変わるから面白いですよね。

こんな洋服感覚でコーディネートできそうな柄も。気に入った帯があったら、それに合わせて着物を選ぶというのもありですよ!

まずは着物のなかの普段着ともいえる「小紋」(こもん)からチャレンジ!店主さんにアドバイスをもらって一式揃えたら、お友達と着物でランチ、なんて行ってみては?着物友達を見つけてもいいですね。

22号で紹介したコーデはこんな感じ

きものHAUSさんの廊下で撮影。荻原さんの手でどんどん着せられていきました!

冊子に掲載したのはこんな感じ!

縄帯でモノトーンにまとめてみたり、羽織をあわせて古典的にまとめ足元はブーツで外してみたり。

着物が好きな彼と、着物デートもすてき!

なんて、いろんなシーンをイメージしながらのコーディネートはとっても楽しかったです。店主の荻原さんの着こなしは、みんなで「わー!かっこいい!」と歓声をあげるほどでした。

着物を着てでかけよう!

「そうは言っても、着物を着てでかけるようなところ、ないな…」って思う人も多いかもしれませんね。

でも私の周りにも、あえてお友達と着物で集まってランチしてみたり、ちょっとしたパーティーにも着物を選んでみたりしている人もいます。「ちょっとむずかしそう」のハードルを超えてみれば、楽しめるシーンはたくさんありそう。そういえば昨年の夏に編集部で「ドレスコードは浴衣」という暑気払いをしたのですが、とっても楽しかった!なんといっても、着物を着た女子は洋服と違う魅力があって、とてもすてきだと思うのです。

22号の撮影を通して、「もっと着る機会をつくりたいね!」と編集部でも話題になりました。

みなさんもぜひ、ハードルを超えるきっかけにきものHAUSさんに行ってみては?きっと着物が身近に感じられると思います。

【撮影協力】
きものHAUS
住所 栃木県宇都宮市松原3-5-16 2F
TEL 028-678-6586
営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜日・水曜日
WEB http://kimonoogihara.blogspot.com

ドレスコードは「着物」! イベント「若竹のきもの会」

さて、ここでお知らせ!
 
撮影協力いただいたきものHAUSさんプレゼンツのイベントが開催されます。その名も「若竹のきもの会」。このイベントはドレスコードは「着物」!竹林が美しい「若山の杜」(若山農場)で、美味しいお料理、日本酒、和太鼓などを堪能できます。
着物で出かける最高のイベント!是非出かけてみませんか?

開催日時:5月11日(土)18:00〜21:00
場所:若竹の杜(若竹農場)
栃木県宇都宮市宝木本町2018
【完全予約制】

詳細はこちらをご覧くださいね ↓↓↓

facebook「若竹きもの会」

タノクラレポーターの感想

私も着物は何着かもっているのに、まさにタンスのこやし…。撮影をしながら、「着物をもっと気軽に楽しみたい!」って思いました。まずは友達と一緒に着物ランチから楽しみたいです!

yumi