「つくる」暮らしをシェアするキュレーションサイト

子どもたちの笑顔と小さなお家が集まる、ダンボールハウス

つくる・たのしむ・かんがえる
あなたの思いをカタチにしてみませんか?

ダンボールハウスとは?


ダンボールハウスは、誰かとイメージや想いを自由に交換することによって できあがるミニチュアハウスです!

例えば、物語の中の家を想像しながら、
あったらいいなと思う家を想像しながら、
実際に住んでいる家を思い出しながら。

さまざまな工夫で決して2つと同じものができないダンボールハウス。 好きなハウスを選んで、思いつくまま、話しながら、 一緒に手を動かす中で、近しい人との関係が深まり、つくる人の個性や創造性を引き出して、 ものづくりが本来持っている豊かなじかんをダンボールハウスでお楽しみいただけます! そして一人一人の持つ可能性を発見することができます。

つくる・たのしむ・かんがえる

ダンボールハウスのワークショップを開催します。 子供から大人、年齢はもちろん性別も問いません。 青空の下、自然の中、教室で、お店で、と場所もさまざまで、 キットは簡単に組み立てられるシンプルな5種類。 だからこそ、つくる人の個性や感性があらわれます。

あったらいいなを夢見るお家、実際に住んでいる大好きなお家、自分と向き合いながら、誰かを思いながら。 新たな一面を発見したり、同じ時間を共有することで関係が深まったり、「コミュニケーションツール」としてのダンボールハウスで思いをカタチにしてみませんか?

Seeders (シーダーズ) の想い

Seedersは「つくる・たのしむ・かんがえる」をテーマに様々なワークショップを開催しております。 ダンボールハウスの活動に関しては、基本コンセプトの他に、少しだけ社会に馴染めない若者がサポート役で大活躍いたします。ダンボールハウスという素材が親子・家・地域・若者を結びつけます。

開催地が増えれば増えるほど「若者」たちのチャンスも増えます。 がんばっていきたいと思います。

ワークショップ開催地域
栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・福島県


株式会社Seeders(シーダーズ)

代表取締役 下田典子
〒321-0942 栃木県宇都宮市峰4-20-2-A004
TEL 028-660-5166 FAX 028-660-5167
http://www.seeders.co.jp/

関東地方及び福島県内でワークショップを開催したいと思ったら!
ぜひ弊社までお問い合わせください。 


装飾素材のご協力のお願い

ダンボールハウスはそのシンプルさ故に着色はもちろん、装飾素材が豊富であればあるほどつくる人の創造性によってオリジナルのものが出来上がります!

装飾素材、といっても新しいものをわざわざ用意するのではなく、出来る限りあるものを有効活用したいと思っています。。そこでお家やお店など身近にあるものでおすそ分けしていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひお送りいただけませんか?

例えば、端切れ生地や紙、 革やボタン、レース、毛糸など。 貝・木・葉っぱ、豆や木の実など、自然素材もステキですね!

送って頂く際には、事前にお問い合わせメールにてお願い致します!

送り先

〒321-0942 栃木県宇都宮市峰4-20-2-A004
株式会社Seeders 下田典子

※封筒には「ダンボールハウス材料在中」と明記してください!お願いします!

子ども達の夢の街ダンボールハウス

ダンボールハウスワークショップで使用するダンボールハウスのキットは、NPO法人PandA様のものを使用しております。

Danball House

NPO法人PandA(ピー・アンド・エー)
〒899-2701 鹿児島県鹿児島市石谷町2155-27
TEL 099-295-3115 FAX 099-295-3101 URL 
http://www.npo-panda.jp/

2012年4月1日より正規特約店第一号となりました。

TANOKURAレポーターの感想

自分だけのちいさなお家が簡単に楽しく作れるなんて、とても素敵ですね。子どもの頃、秘密基地を作ったりとかしてたなーと、懐かしくなりました。たくさんの子ども達に作って遊んで欲しいですね!

ライター:Gonn